今日は番外編 証拠映像の不思議

ウォーキングは行きましたが、何も撮影できなかったので今日は番外編。

アメリカとイランがもめているというかアメリカがインネンつけてるとしか思えないけどね。米軍の弾薬庫の在庫が積みあがってしまっているので、どこか処分する機会を狙っているんでしょう。

まず、何の権利があって米軍があの攻撃を受けた船舶の被害調査をしているんでしょう?アメリカの領海内で起きた事件でもアメリカ船籍の船でもありません。アメリカ国籍の人間が乗っていたわけでもありません。

でもマスコミはそのことには触れず米軍が調査するのは当たり前というスタンスである。現在のアメリカとイランの関係からすると、米軍が調査すれば犯人はイランということになるに決まっている。調査するんだったらアメリカ寄りでもイラン寄りでもない第三者機関がやらなきゃダメでしょう。

国内で何か問題あると第三者機関が云々と報道するのに、アメリカに対してはスルーである。日本がアメリカの属国であるということがよくわかりますね。

またあの船舶に損傷を与えたのはイランだとい証拠映像だって不思議ですよね。(あの映像の不自然さにもマスコミは突っ込まない)。あれを撮影した人(団体)は誰で、どこから撮影したか不明である。
普通に海洋を航行している船を撮影することなんてあるのか?密輸船など怪しい船ならば撮影ということもありえますが、あれは何の問題もない船である。それを撮影するか?

事前にあの船が被害を受けることがわかっていて撮影したとしか思えないな。ということはアメリカもしくは反イランの国がやったヤラセではないかと思う。船が沈むような大きなダメージを与えてないということからもその可能性が高い。

更なる疑問は、あのような不審な動きをしてる映像があるのに何故あの船にそのことが伝わらなかったのか、撮影者はなぜ通報しなかったのか。

以上のことから私の結論は、あの船が損傷事件はアメリカもしくは反イランの国がイランを陥れるためにやったヤラセである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック